TEL

Blog記事一覧 > 2021 1月の記事一覧

施術録➂姿勢矯正

2021.01.22 | Category: お知らせ,姿勢,産後,矯正


 
みなさん、こんにちは。
 
 
長泉にあるからだ治療院です。
 
 
三島駅からも徒歩圏内にあるため、長泉はもとより、三島や沼津、裾野からも多くの方が来てくださっています。
 
 
さて、今回も前回に引き続き施術録をご紹介したいと思います。
 
 
今回は姿勢矯正の施術をするにあたり、インナーマッスルの低下が著しく、インナーマッスルトレーニングから始めた方の施術録を紹介します。
 
 
姿勢を維持するために、インナーマッスルはとても重要です。
 
 
インナーマッスルが低下していると、どんなに骨盤矯正しても、正しい位置に戻した骨盤を維持できないので、すぐに戻ってしまいます。
 
 
施術をうけて、その時はよくても、すぐに辛さが出てしまうような方はインナーマッスルが低下している。
 
 
もしくは、うまくインナーマッスルが使えていない可能性が高いと思います。
 
 
インナーマッスルの低下によりどのようなことが起こるのか、どのような施術が必要か知ることが出来ますので是非、最後まで読んでみて下さい。
 

お悩み

 

 
 
20代 女性
 
 
子育て中
 
 
頭痛、肩こり、全身倦怠感、背中痛、腰痛、不眠、冷え症
 
 
常にどこかに痛みがあり、寝ている姿勢も辛い
 
 
 
 

施術内容

 

 
 
検査の結果、お腹周りのインナーマッスルの低下が著しいことがわかる。
 
 
お腹のインナーがなく、また普段ソファーに座ることが多いことから、骨盤が後ろに傾いていて、このままいくと背中の丸まったお年寄りになってしまうと伝える。
 
 
 
そのため、骨盤矯正も必要だが、まずはインナーマッスルをつけることを提案。
 
 
少しお腹の力をつけてから矯正も取り入れることで同意してもらう。
 
 

 
 

経過と結果

 

 
 
➀インナーマッスルトレーニング開始 
 
 
インナーまで届く電気刺激の機械(楽トレ)を使って週2回トレーニングを実施。
 
 
また、セルフケアとして腹圧トレーニングを指導。
 
 
1か月後、再度検査、姿勢写真撮影する。
 
 
 
➁骨盤矯正とインナーマッスルトレーニング
 
 
セルフケアもやってくれていたため、少し骨盤を支えられるようになる。
 
 
痛みはあるものの夜、寝られるようになった。
 
 
何をするにも怠かったが、少し動けるようになった。と変化みられる。
 
 
骨盤が少し支えられるようになったため、週2回、骨盤矯正とインナーをやってもらう。
 
 
➂骨盤矯正とインナーマッスルトレーニング
 
 
骨盤後傾位は良くなったので、背中の痛みが楽になってきた。
 
 
しかし、日常生活で骨盤の捻じれが見られること、来院されるたびに捻じれ方が違うのはインナーがないためであることを伝え継続で提案。
 
 
インナーマッスルトレーニングだけでも継続した方がよいとお話する。
 
 
 
インナーマッスルトレーニング8回と骨盤矯正1回がセットのコース(スタイルアップコース)で継続中。
 
 
 

からだ治療院から

 

 
 
今回はインナートレーニングと姿勢矯正が必要な方の施術録をご紹介しました。
 
 
同じような症状でお悩みの方もいらっしゃると思います。是非、からだ治療院にご相談下さい。
 
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

施術録➁姿勢矯正

2021.01.15 | Category: お知らせ


 
みなさん、新年あけましておめでとうございます!
 
 
長泉にあるからだ治療院です。
 
 
三島駅からも徒歩圏内にあるため、長泉はもとより、三島や沼津、裾野からも多くの方が来てくださっています。
 
 
さて、2021年が始まりました。皆さんお正月で身体がなまっていたり、体調を崩したりしていませんか?
 
 
今月は令和2年12月に施術録を1つしか紹介出来なかったので、また他の方の施術録を紹介したいと思います。
 
 
同じような症状、姿勢、体型でお悩みの方もいらっしゃると思います。
 
 
今回は姿勢が悪くて症状が出てしまった方の施術録を紹介します。
 
 
もともと姿勢のお悩みで来院されたわけではないのに、根本の原因は姿勢にあったりします。
 
 
 

お悩み

 

 
 
40代 男性 
 
 
太もも裏側の肉離れ
 
 
運動中に痛めた
 
 
立ち上がる時や歩いている時に痛む
 
 
 
 

施術内容

 

 
 
カウンセリング・検査の結果、右大腿二頭筋が軽度の肉離れを起こしていた。
 
 
それ以前に骨盤が捻じれてしまっていることから、筋緊張のバランスが崩れて、足に負担がかかっていたことがわかる。
 
 
そのため、まずは肉離れで起きている炎症を抑えて、細胞を活性化させ治癒を早めるために電気治療(ハイボルテージ)を行い、
 
 
その後、けがを繰り返さないために骨盤矯正を行うことを提案。
 
 
ご本人も今まで姿勢の崩れが原因で怪我しやすいと言われたことがなかったそうで、矯正も取り入れることに同意してくださる。
 
 

経過と結果

 

 
 
➀ 足の治療(ハイボルテージ)
 
 
 右の太ももの裏にある筋肉とその周辺の筋(お腹、お尻周り、太もも)へ施術していく。
 
 
 痛みは少しずつ減少し日常生活に問題ない程度まで改善。
 
 
 肉離れは見えないだけで筋膜内で出血しているため、1カ月程度は激しい運動は避けるようお願いする。
 
 
 
➁ 骨盤矯正 1クール目
 
 
 肉離れの痛みが8割程なくなったことから週2回で骨盤の矯正をしていく。
 
 
 車の運転中に右の臀部が痛くなるとのこと。
 
 
 骨盤の歪みにより、筋肉の緊張に左右差があり、症状が出ていると説明。
 
 
 矯正を継続してもらうことと、お尻のストレッチを指導し自宅で続けてもらう。
 
 
 
➂ 2クール目
 
 
 起き上がるときに感じていたお尻の骨の下に出ていた痛みがなくなったとのこと。
 
 
 肉離れの痛みは少し残っている。
 
 
 姿勢の写真を撮り、かなり改善されているため、週1回で矯正を継続してもらう。
 
 
 
➃ 3クール目
 
 
 足の関節が固く、衝撃が直接筋肉に加わってしまうため、足首を回すことを指導する。
 
 
 太ももの痛みはほとんどなくなる。
 
 
 
➄ 4クール目
 
 
 かなり姿勢が改善されている。
 
 
 家でストレッチや足首回しをやりセルフケアしてくれているので、メンテナンスで(2,3週に一回)継続中。
 
 
 

からだ治療院から

 

 
 
今回は姿勢矯正をされている方の施術録をご紹介しました。
 
 
同じような症状でお悩みの方もいらっしゃると思います。是非、からだ治療院にご相談下さい。
 
 
次回はお腹の力がなく身体が支えられていない方の施術録を紹介します。
 
 
興味のある方は是非読んでみて下さい。
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。